Home > C++ | C言語 | Tips > CppUnitの使い方 2~プロジェクトの構成

CppUnitの使い方 2~プロジェクトの構成

そういうわけでCppUnitの使い方、個人的な使い方の続きを。

目次
1.準備
2.プロジェクトの構成
3.ソースの書き方

みたいな感じで今回は「2.プロジェクトの構成」

VCだとソリューションがあって、その下にいくつかプロジェクトをぶら下げられるので、メインプロジェクトとテストプロジェクトを同じソリューション下におく。また、前回で作成したlibやcppunitのヘッダをインクルードするため、それらをテストプロジェクト下におく。
例えばディレクトリ構成は下記のようにする。

プロジェクト名:Hoge(=ソリューション名)
Hoge/
  -source/                # この下はメインプロジェクトのソース
      -Fuga.cpp
  -header/                # この下はメインプロジェクトのヘッダ
      -Fuga.hpp
  -HogeTester/
      -HogeTest.cpp             # テストプロジェクトのmainソース
      -Fuga_Tester.cpp         # Fuga.cppのテスト用ソース
      -cppunit-1.12.0/          # cppunitのいるとこ抜粋してコピーする
          -include/                   # cppunit/ とか msvc6/ とかを丸々置いておく
          -lib/                  # 作成したlibファイル群(cppunit.lib, cppunitd.libなど)

HogeTesterプロジェクトのプロパティでリリースモード、デバッグモードそれぞれでパスを設定する。

・追加のインクルードディレクトリ (C/C++)
  ../header               # メインプロジェクトのヘッダ
  cppunit-1.12.0/include         # cppunitのヘッダ
・追加のライブラリディレクトリ (リンカ)
  cppunit-1.12.0/lib
・追加の依存ファイル (リンカ)
[リリースモードの場合]
cppunit.lib TestRunner.lib
[デバッグモードの場合]
cppunitd.lib TestRunnerd.lib

C/C++のコード生成でランタイムライブラリは前回の通り

[リリースモードの場合]
マルチスレッドDLL
[デバッグモードの場合]
マルチスレッドデバッグDLL

としておく。
あと経験上、プリコンパイル済みヘッダーは使用しないほうがトラブルに巻き込まれずにすむ。プロジェクトが固まってきたら使用してもいいかも知れんけど。でっかいプロジェクトだとコンパイル遅いしな。

次回は実際のコードのテンプレートを示す。

以上

Comments:1

匿名 08-07-31 (木) 0:44

Add Your Comment

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://red-treasure.com/report/wp-trackback.php?p=195
Listed below are links to weblogs that reference
CppUnitの使い方 2~プロジェクトの構成 from コスミー報告書[社外秘]

Home > C++ | C言語 | Tips > CppUnitの使い方 2~プロジェクトの構成

Search
Feeds
Meta
 合計:012220
 今日:0060 昨日:0134

Return to page top