Home > Tips > バッチファイル トリビアルメモ1

バッチファイル トリビアルメモ1

  • 2007-07-04 (水) 8:17
  • Tips

複数のメモシリーズを適当に立ち上げてハイパースレッディングによりあっぷあっぷしたいと思います。

バッチファイルは意外といろいろできるけど、使いそうなものから。

1.環境変数置換


set src=ABC
set dest=%src:BC=DE%
echo %dest%
ADE

2.プログラムの戻り値
バッチファイルで呼び出したプログラムの戻り値を調べるにはerrorlevel。


hoge.exe
rem 戻り値が1ならlabelに飛ぶ
if errorlevel 1 goto :label

:label
~~~

3.バッチファイル内関数(2000以降だけ?)
バッチファイル内に処理のまとまりを作って呼ぶにはcall。
まとまりの最後には”exit /b”と書いておく。
単に”exit”とすると、バッチファイル自体が終了してしまう。


call :A
call :B

:A
echo testA
exit /b

:B
echo testB
exit /b

以上

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://red-treasure.com/report/wp-trackback.php?p=40
Listed below are links to weblogs that reference
バッチファイル トリビアルメモ1 from コスミー報告書[社外秘]

Home > Tips > バッチファイル トリビアルメモ1

Search
Feeds
Meta
 合計:005761
 今日:0024 昨日:0204

Return to page top