Home > コンシューマーゲーム Archive

コンシューマーゲーム Archive

マグナカルタ2 クリア

マグナカルタ2をクリアした。
買い渋ってたけど、やってみたら良作だった。
いつもの通り、簡単に評価したい。

グラフィックはまあ、こんなもん。
ストーリーはまあ、いいと思う。
戦闘システムは結構いい。オリジナリティもあるし、やってて楽しい。インフィニット・アンディスカバリーとちょっと近い感じ。戦闘と移動の切れ目がなくていい。終盤は戦闘パターンが決まってくるけど、それは仕方ないかな。もうちょっと工夫できる余地もありそうではある。
全体的なゲームシステムも悪くないと思う。
キャラクターはちょうどいい感じ。数とかも。あんまり多いと発散しちゃって一人一人が希薄になっちゃうけど、ちょうどいいくらい。
声優は全体的にいい。ヒロインだけがちょっと下手って言うか、正直いまいち。でも平野閣下だから許す。というか許容範囲ではあり、某デストラクションとは比ぶべくもない。
ボリューム感もそこそこ。

というわけでランク付けするとしたらA–。
続編が出たら脊髄反射で購入するレベル。

追記 2009-08-17:
ランクをB++からA–に変えた。なんとなく。

以上

マグナカルタ2開始

XBOX360の期待のRPG、マグナカルタ2を開始しました。
1はやったことないけど、まあ大丈夫そう。
戦闘システムはオリジナリティがあるし、戦闘がシームレスなのもいい。
ストーリーも良作っぽい雰囲気はある。
ただ、バンダイナムコのアンケートには失望した。
アクセスキーまで必要なこのアンケートに答えても、壁紙がダウンロードできるだけだった。
25ページもあるアンケート(1ページに複数の設問がある)にがんばって答えたのに。
メールアドレスを入力するところはあったが、メルマガ登録のやつだけだったし。
時間を返せ。

以上

逆転検事クリア

意外と長く、まあまあ面白かった。御剣が「ムジュン」とか言う度にニヤニヤしてましたが・・・。
テンポはよかったね。捜査と追求(裁判みたいなん)がスムーズに織り混ざっていてよかったと思う。
以下、ABC評価。

シナリオ:A-
システム:B
テンポ:A
会話:B-
逆転:C
総合:B

シリーズを以下のように評価しておく。
1:100点
2:80点
3:90点
4:95点
検事:70点

正直、「逆転」感はあんまりなかった。ただ、冥ちゃんがかわいすぎた。
悪くはないと思いますよ。

以上

逆転検事開始

逆転検事開始しました。
逆転シリーズは、ギャグ的なおもしろさという意味では1が一番面白いと思っているのですが、今回もその点に関しては期待できなそうです。まだ1話しかクリアしてませんが。全体的な構成としては3とか4とかが秀逸だったので、その辺に期待。
システム的にはもちろん逆転らしい感じで期待できます。「ロジック」っていう情報を融合させるシステムが新規に追加されてます。個人的にはもう少し複雑にしても良かったのではないかと思いますが。
ただ、御剣が“逆転”とか口にするだけでイイです。御剣最高。

以上

Fallout3クリア

やっとクリアした。
正直疲れたぜ。
以下恒例(?)の主観評価。

ストーリー :B+
グラフィック :A-
システム :A
雰囲気 :S
恐怖 :S
もうやだ :S

まあ、良くできてると思う。ただ、いろんなところで絶賛されてるほどかと言われると、個人的にはそこまでではないような。
「洋ゲーだし、FPSだし、ちょっと敬遠だなあ。」と思ってた人はそのまま敬遠してればいいと思う。

以上

FallOut3始めました

なんかやたら面白いという噂だったので。
http://mainichi.jp/enta/mantan/news/20090330mog00m200023000c.html
まだ2時間くらいだが、正直挫けそう。Halo Warsを控えて購入したHaloはすでに挫けている。
完全にFPSだからなあ(HaloもFPSか)。ただすごい残虐的なプレイもできるようだ。スキルに死体を調べて体力を回復するという「カニバル」っていうのがあって吹いた。なんという鬼畜ゲーム。
クリアする前にH.A.W.X届いたら、ほぼ間違いなく挫けてしまう。タイムリミットは2009年4月23日か。

以上

Halo Wars中

Ensemble Studios最後の作品と言うことで速攻で買って激しくプレイしてました。
期待通り面白い。マウスのないコンシューマ機でなかなかの操作性を実現している。
Halo自体はあんまり知らんのですが、知らなくても面白い。
マルチプレイをやるためにはゴールドメンバーシップが必要なんで優良なわけだけども、48時間の無料体験版がついていたので20時間くらい楽しんだ。1プレイ20分くらいで終わるし、勝てるときは仲間と大軍団を率いて敵軍をことごとく無に帰すことができて爽快。
ただ、軍勢が2種類しかないのでユニットのバラエティがちょっと物足りない気はする。拡張されたりしないのかな。
でもまあ、これはいいゲーム。キャンペーンクリアしちゃったので、とりあえずゴールドメンバーシップを買おうと思います。

以上

ラストレムナント クリア

やっとクリアした。

・ざっくり評価:
まあまあ面白いけど、だるい。

・あたし評価:
サガフロンティアよりも正統なロマンシングサガ、みたいな。

・パラメータ評価:
-ストーリー C+
-システム A
-快適さ E(ロード遅すぎ)

・備考:
エンディングでフリーズした。ふざけんな。

以上

ラストレムナント開始

XBOX360で期待の新作RPGラストレムナントを開始した。
ファーストインプレッションを述べると、ゲームシステムとかストーリーとかは面白そう。小隊単位で指示を出して行う戦闘や、小隊を自分で編成する楽しみなどはいい。グラフィックも悪くない。武器も改造できるが、それほど複雑じゃないところがいい。
・・・ただ1つ、問題がある。ロードが多すぎる。ロードしすぎだろ。インフィニット・アンディスカバリーが「すべてがシームレス」だったから余計にそう感じている可能性はあるが、これはちょっとひどいレベル。建物に入ったらロード、マップを切り替えたらロード、ムービーの前にはロード、戦闘画面へ行くときもロード。しかもいちいち長い。ゲーム時間の約1/3はロード時間だ(大げさではないと思う)。
ちょっと慣れては来たが、このロードはいらいらするなあ。ロード画面になると興が削がれるんだよね。すでに2回目はやりたくないと思うレベル。まあクリアするまではがんばる!

2008-11-26追記:
 XBOX360にも11/19のアップデートでHDDインストール機能がついたらしい。試してみる。
 →ロード時間が半分くらいにはなった。何とか我慢できるレベル。

以上

ワールドデストラクション クリア

やっとクリアした。
結論から言うと残念なゲーム。理由は下記の通り。ネタバレかもしれない。

○要約
 ゲームシステム(戦闘システム、ボイスシステム、キャラのカスタムシステムなど)はそれなりにオリジナリティがあって好感が持てるが、シナリオ、キャラの性格、ゲームバランス、ダンジョン、声優がひどすぎて残念な感じになっている。

1.これはいい点
1.1.ゲームシステム
 攻撃方法は連続攻撃と強攻撃、空中攻撃などの基本攻撃に加えて、敵が気絶しているときとか打ち上げられているときに追撃ができ、仲間に追撃を託すこともできるのでなかなか楽しい。複数あるボイスのうち4つを装備させておくと、ときどきボイスが発動して戦闘が有利になるなど、新しい要素もある。また、カスタムというシステムでキャラの育成が可能で、ポイント割り振り式ではあるがいろいろ悩めていい。

2.これはひどい点
2.1.シナリオ
 展開が強引すぎる上にあまり同調できない。気にくわないやつは片っ端から殺していけばいい的な流れに、パーティ全員が異を唱えることなく流されていくのが不快。おまえらに正義はあるのかと言いたくなる。殺す必然性が分からないところが多い。というか、たぶんそんな必然性はない。勧善懲悪ですらない。
 また、ストーリー全体を見てもそれほどの深みはない。世界を撲滅したい動機付けも弱い。
2.2.キャラの性格
 主人公の二人がひどい。モルテは快楽殺人をしているようにしか見えず、キリエはそんなモルテの狂信者にしか見えない。他のキャラは普通。
2.3.ゲームバランス
 これが一番ひどい。能力アップのスキルが効果絶大すぎ。速さアップするとまったく攻撃を受けなくなるし、逆に敵に速さアップされるとこちらも速さアップしない限り1発も攻撃が当たらなくなる。攻撃力アップも同じで、さっきまで1発当たり1とか5とかしか当たらなかった(あるいはダメージを受けなかった)のに、攻撃アップをする(される)と急に100くらい当たるように(喰らうように)なる。しかも1ターンの攻撃で10回とか20回とか攻撃できる(敵もしてくる)ので、トータルで計算すると10~50のダメージだったのが、攻撃力アップにより1000くらいになる。すぐ死ぬ(Lv60でもHP800くらいしかない)。防御力アップするとダメージは0になる。
 また、攻撃方法は連続攻撃と強攻撃があるのに、強攻撃がたいして強くない。連続攻撃の方が何回も攻撃できるのでぜんぜん強い。せっかく多彩な攻撃方法があるのに連続攻撃しか使わない(使えない)。
 ボス戦においては、そのダンジョンにおける雑魚に比べてボスが強すぎる。ボスの攻撃が終わらない。速さアップとかされると、まさに「ずっと俺のターン!」状態。なにもできないまま全滅する。運良くこちらが先に攻撃できても、割り込みで反撃してくるのでそのまま全滅する。仕方がないのでレベルを2個くらいあげると余裕で倒せたりする。レベルアップでのパラメータ上昇がハンパ無い。
2.4.ダンジョン
 やたらめんどくさい。DSで容量が足りないのかもしれないが、同じところをぐるぐる回らされる。もうほんと、ダンジョンの全探索を何回もやらされる。何回もっていうのは新しいダンジョンが出てくる度に全探索しなければならない、という意味ではなくて、同じダンジョンを行ったり来たりさせられるという意味。あっちのスイッチこっちのスイッチ、めんどくさいだけ。42.195kmを400mトラックで回らされるような感じ。クリア時間を伸ばすための時間稼ぎだと思われる。
2.5.声優
 主要キャラの声優が下手すぎる。これだけでもゲームの雰囲気すべてを破壊できる攻撃力がある。とくにナジャとリ・ア。なにあの棒読み。市川由衣?しらね。どうでもいいけど、うまくしゃべれ。こんなのに混ざらされた古谷徹が不憫すぎる。というか敵キャラとかには結構豪華な声優を使ってる。銀河万丈も出てる。なのになんで主要キャラがこんなにひどいんだ。

3.結論
 続編が出るかどうか知らないけど、ゲームシステムは悪くないので続編がでたら面白いかもしれない。

以上

Home > コンシューマーゲーム Archive

Search
Feeds
Meta
 合計:016020
 今日:0018 昨日:0168

Return to page top