Home > ActionScript > ActionScript トリビアルメモ 1 ~埋め込みフォントとSharedObject

ActionScript トリビアルメモ 1 ~埋め込みフォントとSharedObject

フォントを埋め込みたかったのに・・・!だって埋め込みフォントを使わないとFadeエフェクトが効かないんだもん。というわけでヘルプを見ると


<mx:Style>
	@font-face {
		src: url("asset/hoge.ttf");
		fontFamily: hoge;
		advancedAntiAliasing: true;
	}
</mx:Style>

とか書けと書いてある。うっせーばか!そんな難しいことはしたくないんだ。システムフォントを埋め込めればいいんだ!ttfなんてファイルいらねえ。
というわけで以下のようにすればよかった。


<mx:Style>
	@font-face {
		src: local("Times New Roman");
		fontFamily: hoge;
		advancedAntiAliasing: true;
	}
</mx:Style>

使うときはfontFamilyを指定する。


<mx:TextArea fontFamily="hoge"/>

あと、もっとしょうもない話。SharedObject。ローカルにデータを保存できるわけですが、名前にコロンを含めることができなかった!例えば下のような感じ。


var so:SharedObject = SharedObject.getLocal("http://www.hoge.com");
so.data.foo = "hehehe";
so.flush;

~ % & \ ; : ” ‘ , < > ? #
は使えないんだとさ!soにnullが帰ってきた。

以上

Comments:0

Comment Form
Remember personal info

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://red-treasure.com/report/wp-trackback.php?p=226
Listed below are links to weblogs that reference
ActionScript トリビアルメモ 1 ~埋め込みフォントとSharedObject from コスミー報告書[社外秘]

Home > ActionScript > ActionScript トリビアルメモ 1 ~埋め込みフォントとSharedObject

Search
Feeds
Meta
 合計:007905
 今日:0016 昨日:0100

Return to page top